• HOME
  • LIFE
  • 占いで大号泣して悟った自分の性質

占いで大号泣して悟った自分の性質

LIFE

6月に初めて本格的な占いをしてもらいました。

こだわりの強い占い師さんの「人生を好転させたい」という熱意が伝わってきて、まさかの泣くっていうね。

これまでの経験とか、繰り返し起こる問題とか、姓名判断や手相の視点から紐解かれて。

おかげで自分の性質に降参しました。

自由気ままで両極端な人生

占いは性格分析の学問として興味があったので、人の性質を知る手がかりにしたくて受けてみました。

姓名判断や手相から見ると、私の性質には

  • 自由気まま
  • 人生両極端
  • リーダーになる

などがあるらしく。

HSS型HSP気質だから両極端なことは知ってたけど、まさか占いでも同じような性質を並べられるとは思わなかった。

 

どれも活かすチャンスは何度もあったのに、上手くいかなくて逃げてきたものばかり。

中庸がないと言われて、さすがに人生のシナリオとして両極端な自分を受け入れようと降参しました。

もう!何やってんの!

キャラの濃い占い師さんでしたが、本気で「人生を好転させたい」という熱意を感じる人で。

波乱万丈な黒歴史を持ちながら(持つがゆえに?)ヘラヘラと語る私に対して、

占い師:「もう!あなた何やってんの!本当はそんなんじゃないでしょ!高級なペルシャ猫がボロボロになっているように見えるよ!」

と力強く言われ。

それでも笑顔で防衛する癖がついている私は、何をどこからどうやって話せばいいかわからず、「なんででしょうねー」なんて苦笑いして返したら。

手相を見ながら、

占い師:「言いたいこと、たくさん我慢してるでしょう…」

その瞬間、涙があふれてきました。

価値観の枠を壊してくれた

まさか泣くと思っていなかったから、本当びっくりした。コップから水が溢れるみたいに、自然と涙が出てきました。

今回の占いの件で、もう両極端で中庸がない人生のシナリオなんだと理解できたので。諦めがついたというか、悟ったというか。

そんな感じです。

 

占い師さんの言葉を聞いて思ったのは、「そこ認めていいのか」っていう。

普段はあまり気にしていないけど、本当はめちゃくちゃ大事にしたいと思っていて、もし制限がなければ最優先にするだろうな、という部分だったから。

価値観の枠を壊してくれた、というのが近い感覚だと思います。

(これをブロックが外れたっていうのか?)

 

ストレートにハッキリとした言葉で、受け止めるには一瞬戸惑うし、思わず聞き流したくなるけど。

真剣に考えてくれている気持ちと「当たり前に良くなるのに、それをしないなんて、もったいない!」という雰囲気を感じて。

私も相談に乗る側として、伝えたくなる気持ちがわかるので。

なんか、そういう色んな思考と感情があって、思わず涙が溢れたのだと思います。

とか頑張って分析したけど、実際は理屈じゃないよ。

自分以上に自分の可能性を信じてくれる

お金を払って話を聞いてもらうのが日常になっている私ですが、印象に残った人の共通点は【自分以上に自分の可能性を信じてくれること】です。

これまで話をして涙することが何度かあったけど、振り返ってみると熱意を受け取ったときなんですよね。

 

私が本来は自分で決めて、自分で形にできる性質にも関わらず、ウジウジしている姿はヤキモキするんだろうなーって。いまなら、わかる。

ウジウジしながらも、目の奥では「進みたいんだよ」という意思が残っていて。(だから相談してるんだけど。)

消えそうで絶対消えない意思を見抜かれるので、

もう、なにやってんの!ささっとやりなよ!
大丈夫!何者にもならなくていい!あなた自身でいればいいの!

と、渇を入れられる。こういうこと言われるたび、

うぅーーーー涙

って泣く。で、進み始める。

メンタル強いんだか弱いんだか!!笑

えぇ、そこも両極端みたいですよ。

究極の豆腐メンタルと、究極の鋼メンタルが同居している。それが私です。

怪我しすぎて逆に強くなった説もあるけど。

 

話しがだいぶ逸れました。

私もお世話になった方々みたいに、可能性を信じて背中を押す存在でいたいなと思います。

それでは。

ももか

人間観察とカフェ巡りが好きな、個性研究家・心理セラピスト。「ささやかな日常を特別な思い出に」をテーマに、毎日の小さな気持ちを大切にメモしていきます。

プロフィール

関連記事一覧